兵庫・姫路・神戸・岡山の結婚指輪・婚約指輪

Recent Blog

Archives

皆さん、こんにちは
暑い日が続きますがいかがお過ごしでしょうか?

今日はダイヤモンドの価値を決める4つのCについてご紹介して行きたいと思います

ダイヤモンドの価値を決める”4C”の存在

ダイヤモンドの品質は、国際的に統一されているアメリカの世界最高峰の鑑定機関【GIA】
が定めた品質評価基準である4Cによって評価されます。

4Cとは・・・

Carat(カラット)・・・重量
Color(カラー)・・・色
Clarity(クラリティ)・・・透明度
Cut(カット)・・・研磨

それぞれの頭文字の【C】を取り、4Cと呼ばれます。それぞれの評価で価値が判断されます💎

Crat(カラット)


まず、カラットは大きさ…と思われがちですが重さの単位です。
1カラット=0.2gです
この単位が大きくなるほど表面積が大きくなりはなやかになります。

Color(カラー)

ダイヤモンドはトップのDカラーからZカラーまで全部で23段階に分けられています。
DカラーからZカラーにいくにつれて黄色味だったり灰色みを帯びたりします。
エンゲージリングで贈るダイヤは、男性様の純粋無垢な気持ちを贈るという事から
より無色透明に近い方が良いとされています。

Clarity(クラリティ)

クラリティは透明度を表します。
ダイヤモンドは地球の奥深くマントルという所で高温高圧がかかって炭素が結晶化したものです。
自然のものなので、どうしても結晶化する際に気泡だったり黒点が入る事があります。
キズや内包物が全く認められないものを最高クラスの「FL」とし、内包物の大きさや量によって11段階に分類されます。

Cut(カット)

こちらの部門は人の手が加わってきます。
カットの部門は大きく3つに分かれており
プロポーション…形
シンメトリー…対称性
ポリッシュ…研磨状態
の三つに分かれています。コチラの三つの部門を5段階で評価しそれらすべてでトップの[EXCELLENT]の評価がもらえたものには
3EX(トリプルエクセレント)という称号が与えられます。

いかがでしたでしょうか?
エンゲージリングはもらって嬉しくない女性はいないはず!
もっらても使うかなぁという不安や、悪いし…という理由などから
「いらない」と言ってしまいがちなものですが、人生の節目節目(友人の結婚式、宮参り、入学式、卒園式)など
皆さん結婚指輪に重ねつけしていきます。
重ね着けすることで、男性様のお顔を立てる事にも繋がりますので
婚約指輪はとても大切なものなのです

garden姫路では、6/19.20にgardenフェスタを開催します!
お得な特典や楽しいイベントが盛りだくさんなので、ぜひ沢山の皆様のご来場をおまちしております

ご来店予約

 

gardenでは売上金の一部を、兵庫県の新型コロナウイルス対策基金に支援をしました。
姫路・神戸サプライズプロポーズ応援企画
トップヘ戻る