Milk & Strawberry(ミルク & ストロベリー)

main slide_02

出会った頃の気持ちを永遠に

エンゲージリング・マリッジリングは生涯でたった一度の贈り物。
だからこそ、一生の記念に相応しい魅力溢れるブライダルリングをお届けしたい・・・
星の数ほどある出会いの中から、最愛の人と出会い、これから新しい時代を歩みだすおふたりへ
何十年たっても、いつまでもおふたりが出会った頃の気持ちを忘れずにいてほしいとの願いを
希少性の高いピンクダイヤモンドに想いを込めてリングにあしらいました。
何十年経ってもリングを見るたびに、ふたりで幸せな気持ちになれる、その原点のリングとして
ご愛用いただければと願い、ひとつずつ真心を込めて丁寧に制作させていただいております。
何十年経ってもふたりで幸せな気持ちになれる 魔法のリング
~幸せな日々が訪れますようにと願いを込めて~

Milk&Strawberryの「天然ピンクダイヤモンド」

世界中の女性に愛され続けている「天然ピンクダイヤモンド」天然のピンクダイヤモンドとは、人の手(人為的な色の変化を目的とした加工)が施されていないピンクダイヤモンドの事で、透明のダイヤモンドに比べて産出量が極端に少なく、とても希少性の高いダイヤモンドです。巡り会う確率がとても少なくダイヤモンド総算出量の割合では「20万に1つ」ともいわれています。ピンクダイヤモンドの産出量のほとんどを占める、オーストラリアのアーガイル鉱山から産出されたピンクダイヤモンドに1ピースずつカットを施すだけ・・・まさに自然が創り出した色合いは、世界中の女性からもっとも手に入れたい石のひとつとして高い支持を受けています。近年、天然ピンクダイヤモンドの採掘量が年々減少しており、ますます希少性が高まっています。巡り合う確率が大変少ないことから「運命の象徴」石とも呼ばれています。

Milk&Strawberryの「プレミアムピンクサファイヤ」

ミルク&ストロベリーでは、ピンクサファイヤにダイヤモンドカットを施した高品質なピンクサファイアをご提供しております。専任のスタッフが、ひと粒ひと粒丁寧に検品し、時間と手間をかけて厳選します。人気のあるピンクダイヤモンドの色味に近い、淡いピンク色としっかりと存在感あるビビットな色の2種類の色からお選びいただけます。ピンクサファイアとピンクダイヤモンドの色味の濃さを比べると、ピンクサファイアの方が濃く感じます。よりビビットな色合いがお好みの方にはピンクサファイアがオススメです。

▽▼婚約指輪[エンゲージリング]人気ランキング▼▽

garden姫路のミルク&ストロベリー

売れ筋Best3をご紹介!

 

第1位
CHOUETTE(シュエット)

腕がプラチナで石座がK18PG(ピンクゴールド)のコンビリング。センターストーンを留める爪が花びらのように少しひねった細かいデザインが可愛いと人気です。

第2位
ESTELA(エステラ)

メレダイヤモンドが両脇に3石ずつセッティングされています。3石の留め方が珍しいデザイン。ミルク&ストロベリーの代名詞ピンクダイヤがセッティングされているのが好評。

第3位
UNE TRESSE(アントレッセ)

ミルク&ストロベリーならではの抜け感のあるデザインではこちらが人気!可愛くなりすぎず動きのあるデザインが結婚指輪との重ね付けもGood!

 

▽▼結婚指輪[マリッジリング]人気ランキング▼▽
garden姫路のミルク&ストロベリー
売れ筋Best3をご紹介!

 

第1位
ENCHANTER(アンシャンテ)

マリッジリングでもピンクダイヤがセッティングされた指輪が人気!男性の結婚指輪は1部つや消しがシャープな印象。女性の結婚指輪は、細身で指に馴染みます。

第2位
ETERNA(エテルナ)

2色のコンビリングが第2位。エテルナのマリッジリングは男性もK18PG(ピンクゴールド)とプラチナを選ぶ人が多め。色もお揃いにすることでペア感もUP!

第3位
HORA(オーラ)

ミルク&ストロベリーでも、シンプルなストレートのリングは根強い人気!甲丸な仕上がりが指なじみも良く普段指輪を着けない男性に好評。女性は1石のダイヤがピンクダイヤなのがポイント。
ご来店予約
よく似たブランド
マリアージュエントのロゴ

Mariage ent
マリアージュエント
クアントマリアージュのロゴ

Quand de Mariage
クアントマリアージュ
ラパージュのロゴ

LAPAGE
ラパージュ

 
  • 商品のデザイン・価格・使用は予告なく変更する場合がございます。
  • 掲載商品は原寸とは異なります。また、実際の色調と異なる場合がございます。
  • 在庫・納期は店頭スタッフまでお問い合わせください。
姫路・神戸サプライズプロポーズ応援企画
トップヘ戻る