アンティーク調な婚約指輪・結婚指輪

アンティーク特集のメインバナー

アンティーク調なテイストとは

アンティークとは、フランス語で「骨董品」を意味します。「つくられてから100年以上が経っているもの」とアメリカでは定義されています。指輪においてのアンティークとは、指輪のデザイン、加工の技法を指す場合がほとんどです。中でも、特に用いられる技法はミル打ちと呼ばれるものです。ミルグレインとも呼ばれ千の粒とも言われ、リングのふちやメレダイヤモンドの周りに小さな丸い粒が施されています。また、素材はゴールドなどで作製されることも多く、味わいを出すためマット加工を施されたリングもあります。ピカピカとした光沢は、新品らしさがでるのであえてツヤを消す技法がマット加工です。どこか温かみがあり、職人の技術が感じらるような指輪がアンティーク調の特徴です。

アンティーク調な婚約指輪・結婚指輪

>>>他のアンティークな指輪を探す<<<

アンティーク調なブランド

アンティーク調な婚約指輪・結婚指輪の特集でブランドのアムールアミュレットを説明する画像
AMOUR AMULET(アムール アミュレット)
むかしから 大切に受け継がれてきた 幸せのためのおまじない。薬指に結ぶ 愛のおまもり。フランス語で『愛のお守り』を意味する「アムール アミュレット」が贈る 結婚指輪&婚約指輪は、 人気のコンビ(プラチナとゴールド)など ふたつのマテリアルを使用した作品が特徴です。

>>>AMOUR AMULETの詳しい情報

アンティーク調な婚約指輪・結婚指輪の特集でブランドのRosettE(ロゼット)の説明の画像
RosettE(ロゼット)
指輪に込められたストーリーと、上品でクラシカルなデザインが魅力の最新ブランド。イングリッシュガーデンをテーマにした、エレガントなデザインが魅力の「ロゼット」。愛らしいブランド名には、大地から芽吹き丸く重なり合う葉のように、「幾重にも尊敬と愛を贈りあう」という意味が込められています。指輪のモチーフ一つひとつに冠されているのが、「小枝」「湖」など自然界をモチーフにした名前。それぞれのデザインに秘められた物語が、ふたりのラブストーリーをよりロマンティックに彩ります。

>>>RosettEの詳しい情報


CHER LUV(シェール・ラブ)
Flower & Luv Ring 愛する気持ちを花ことばと愛ことばで伝えるFlower & Luv Ring。『大人かわいいおしゃリング』をコンセプトに 発信するヨーロピアンスタイルブランド。細身のリングにミルウチを施した アンティーク調のブライダルリングです。ひとつひとつのリングには、ヨーロッパで愛されている花の名前がついています。また、そのリングには『花ことば』が存在します。愛ことば~とは最愛の人へ綴るワンフレーズのポエムラブレター 普段、素直に伝えられない想いをRINGにのせて・・・

>>>CHER LUVの詳しい情報

ご来店予約
姫路・神戸サプライズプロポーズ応援企画
トップヘ戻る